2014/3/31 中古住宅の評価指針 

 
2014年3月31日に国土交通省から、
  「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」の策定についての発表がありました。
詳細HP: https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000101.html

今まで住宅の市場価値は, その状態にかかわらず, 建築年数をもとに一律20年から25年0(ゼロ)になると設定されてきました。同じ住宅でもメンテンスを行っている住宅といない住宅の価値が同じということになっていました。これは社会的・経済的・文化的にも住宅を長く大切に使うというインセンティブが働かなくなり、結果、中古住宅の流通量が下がるという現状につながります。

こうした状況を改善しようという指針です。
今後は基礎・躯体がしっかりしていれば、その分、価値を認めましょうという概要です。
その結果、今後、ますます住宅診断の重要性と普及が促進されます。

以上

新着一覧に戻る

COPYRIGHT © RIM Arc, inc. ALL RIGHTS RESERVED.